読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

季節が似合う人にあこがれて

春も夏も秋も冬も好きです

薙刀が面白いという話はしましたっけ?

ちょっと前から薙刀なぎなた)を趣味としてやってるんですが、わりと面白いので誰かに伝えたい。

https://www.instagram.com/p/BLX4ek8hLDf/

あまり公にしてなかったんですが趣味は薙刀です。今日は体育の日にて体験会とかやってて賑やか。

https://www.instagram.com/p/BS5YcDhDji9/

裸足も心地よい季節になりました

 

なぎなたって…何?

wikipediaにしっくりくる、いい感じにまとまった文章がなかったのでまとめます。

なぎなた』は長い柄の先に短い刀がついた武器ですね。槍に似てます。特徴は柄が長いので遠心力とかテコの原理でそこまで力を入れずにものを切断できることです(後は単純にリーチが長い)。戦において集団戦闘や鉄砲が好まれるようになってからは振り回す必要がある薙刀は流行らなくなってしまったようです。その後は婦女子や僧侶の武道として現代に受け継がれてきた、という感じでしょうか。

何するの?

ざっくり言うと、“形”と“試合”です。形”は空手のみたいなイメージです。決められた形で演技を行います。“仕掛け応じ”という二人組で技を掛け合うような形式で進むのが独特なところです。“試合”はまさに剣道のイメージです。防具をつけてお互い打ちあうような。このあたりはもう漫画の『あさひなぐ』を読めば一発ですね。

あさひなぐ 1 (ビッグコミックス)

あさひなぐ 1 (ビッグコミックス)

 

普通にスポ根ものとして超王道で激アツ展開で面白い。読んだことない人は読んでほしい。

 

一般には女性の武道というイメージがありますが、まぁだいたいその通りで競技人口としては圧倒的に女性が多いです。ただ薙刀といえば弁慶が使っていた武器としても有名で男性の競技者もいます(俺もその一人になります)。大きな大学とかには男子の薙刀部もありますよね多分。

何で薙刀にしたの?

趣味としてやっているスポーツがなくて始めたのですが、マイナースポーツではあるので「何で薙刀?」と聞かれることはよくあります。理由はたくさんあるので広いところも含めて箇条書きであげると、

  • とりあえず武道に興味があった(集中力がとにかくなくて、精神が舐め腐っているので叩き直したかった)
  • 何でもチームが必要な競技だと始めにくかった(フットサルとか結構興味あったけど)
  • 運動神経とか筋力に自信がなく、それでもそこそこできそうなスポーツが良かった
  • 剣道や空手・柔道とかだと経験者の層が厚すぎて初心者に入りにくい雰囲気があった
  • 試合にも出てみたかった(学生の時、あまりスポーツ系ではなかったので)
  • youtubeとかで試合見たことがあってわりと印象に残っていた(剣道VS薙刀のやつ)
  • 自分の身丈より長い道具を振り回すという非日常的体験

みたいなところでしょうか。

実際にやってみてどうよ?

毎週土曜日でまったりやっています。なかなか奥深いのと、少しづつ上手くなっていくのが面白いですね(なんでもそうだと思いますが)。

特に面白みを感じるのは下記。

攻め・守りのバリエーションが非常に多いこと

試合で使えるのはある程度限定されますが、構えが上段・中段・下段とあってそれが左右で使えます。あと剣道との違いで大きいのが“スネ”が攻撃対象に入ること。これで一気に自由度が高くなっている一方で、判定は形が決まっていないと一本にならないので難しい。

老若男女であまり優劣が決まらないこと

稽古は小学生(低学年)からご年配の方まで一緒にやります。練習試合でもそういう方と当たりますが、わりとボコボコにやられてあっさり負けます。

あと、自分が運動神経悪いという認識があってあまりスポーツやってなかったんですが、ちゃんと練習すれば上手くなるんだなという実感ができたのは大きかったかな。スポーツが苦手・学生時代やってなかったけどなんかやってみたい人。いわゆる体育会系っぽさに苦手意識がある人にもオススメしたい。

どうやって始めるの?何が必要なの?

とりあえず見学に行きましょう。ちなみに俺はここに所属しています。

adachinagie.com

地区連盟でスポーツセンターの武道場や学校の体育館を借りて選ぶときに道場も回ってみたのですが、形もいいけど試合もやりたかった、男性も多かった、雰囲気がちょうどいい感じだったなどの理由からここにしました。

見学では特に何も必要ありません。始めるとすぐに道着が欲しくなります。道着は1万円ちょい。薙刀は最初貸してもらえることが多いと思います。買うとこれも1万ちょい。ちょっと高いのが防具。面・胴・小手・垂れ・スネで8万円くらい。試合はもちろん必須で、これも貸してもらえることが多いと思いますが、マイ防具があった方がテンションが上がるので俺は買いました。

という感じです。あとまだまだマイナースポーツなので薙刀やっているというとキャラが立つとか興味持たれやすいとかあるかもしれない。まぁとにかくみんなやろうぜ!

今さらだけど昨年行った森の映画祭について振り返る

昨年の秋参加してきました。今年もうまく予定を空けれればぜひ行きたい…

https://www.instagram.com/p/BLTVHw6BTcF/

メインステージ(シアター)大盛況。トークショー→『ソラニン』→トークショー→『パプリカ』までここ。 #森の映画祭

どんなイベント?

一言でいえば、音楽野外フェスの映画ver.という感じです。

詳細はホームページ見た方が早いので下記より。(昨年の企画ページ)

forest-movie-festival.jp

もちろん今年も開催予定で、愛知県でアートの島としても(ちょっと)有名な佐久島とのこと(地元だ!)。森・山と違って海辺でやる映画上映というのも良さそう。楽しみ!

forest-movie-festival.jp

さて、様子をとりあえずまとめます。昨年開催は山梨県のキャンプ場だったので東京からだと電車でビューンといけばすぐです。

f:id:ysk_kt:20170507202800j:plain

まずスーパーあずさに乗って、その後二つぐらい乗り換えしたかも。

f:id:ysk_kt:20170507203219j:plain

装備はこれぐらい。レジャーシートでもいいけど、雨天時の対応しやすさと場所取りのめんどくささを考えてイスにしました。へリノックスチェアみたいなものもいいけど長時間座ることを考えて大きめでしっかりしたアウトドアチェアを用意。移動時はちょい重いですが結果正解でした。

どんな感じだったの?

回毎にコンセプトがあってそれに合わせたラインナップ、雰囲気になっています。昨年のコンセプトは「ゆめうつつ」ということでそれに合わせた幻想的な雰囲気になっていました。

https://www.instagram.com/p/BLTFpdjBmYN/

到着しました

会場内の装飾とかはわりと凝っています。

f:id:ysk_kt:20170507203708j:plain

さながら夢の中にいるよう。

f:id:ysk_kt:20170507203758j:plain

本当に森の中に急にスクリーンが置かれている感じです。

(混み合うメインステージだと木の枝が邪魔だったりしましたが…)

f:id:ysk_kt:20170507205553j:plain

各所に記念写真撮ってアップ欲が満たされそうな物体が設置されているので歩き回るだけでも楽しい。

なお、音楽フェス以上にソロ参加が少ない。

見た映画について

メインで見た長編映画

ソラニン

・パプリカ

の二つ。それ以外はうろうろしながらショートムービーを見てました。1年後に思い出しながら書いてるのでタイトルとかまでパッと思い出せないのが痛い…セトリみたいに感想と一緒にすぐメモを取ればよかったなぁ。

あとオールナイトだから結構眠いんですけどね。コンセプト通りの寝たり起きたりするゆめうつつ状態で見るパプリカ、まぁ最高でしたね。

あと映画に関するトークショーとかもあってメタ的にも楽しめて良かったです。

f:id:ysk_kt:20170507205339j:plain

(モデレーター兼パネラーのカツセマサヒコさん、声もイケメンだった)

飯について

チケットを買ってそれを使って購入します。外で食べてもいいけど明るいとこで食べました。

f:id:ysk_kt:20170507204323j:plain

この時の開催場所はキャンプ場だったので屋外だけど施設は仮設じゃなくてちゃんとしています。

山梨県 白州・尾白の森名水公園「べるが」

f:id:ysk_kt:20170507204603j:plain

カレー食べました。美味しかったけど量はちょっと少なめかな?そんな食べない人は十分。

持ち物について

特筆すべき装備はアウトドアチェア、マウンテンパーカ、オーバーパンツ、レインポンチョ、ブラケット。

ホームページの準備ガイドラインがとても充実していたので着るもの・持ち物には迷いませんでした。親切。動かずに映画を見ていると体が冷えるので防寒着は必須。

あと終了間際ですが結構雨が降ってきたのでレインポンチョあってセーフ。天気予報的に問題なくても雨具は必須。

 

といった感じでした。今年も参加したいな!

夏を振り返る(記憶づけフェスレポ・後編)

さて、ということでですね。後編なんですがサマソニです。この年はフジロックのちょうど一ヶ月後がサマソニ。間のライジングサンも行きたかったんですが断念している。という感じでいい感じのテンションで臨みました。にもかかわらず参加は1日目(東京)だけというRadioheadスルーという音楽ファンを名乗れないやつ。

https://www.instagram.com/p/BJUQRoHhOgA/

サーマーソーニー!(裏声)

(入場は一人なので実際は淡々と撮影している)

準備

なし。東京に引っ越してきて本当良かった。

 

当日

前日に仕事を頑張りすぎて遅刻します。

はい。社畜もほどほどにしたいものです。到着は12時ごろ。

 f:id:ysk_kt:20170109024026j:plain

フジロックでテント群を見た後だとサマソニのテントサイトは異様に感じる。

 

毎年のような灼熱ではなかったものの、晴れ・天気雨・雨・曇りが短時間で入れ替わるという微妙すぎる天気で大変でした。

常に会場内をウロウロしていましたが、しっかり見ていたところを並べると

ゲス→デジタリズムウィーザーハナレグミ→BFMV→オフスプ→上原ひろみ×熊谷和徳

メインで見に来たのはウィーザーです。高校の頃から聴いてますが、もうあのダサかっこいい感じがとにかく良かった。

他には、田植えフェス状態だったガーデンステージのハナレグミ、形容詞が全てfxxkで済むBFMVとそれぞれ印象的なステージに感じたというのが、なんとなく今年のサマソニでした。

f:id:ysk_kt:20170109024036j:plain

夕暮れのガーデンステージは至高。

 

ピンポイントでもゲスのキラーボール変調(もう聴けないのかな…)とかデジタリズムのpogo*1とか、きっちりいいところが聞けて満足。

声量が足らないオフスプに年齢を感じてしまったためイマイチ乗れず、早めに田植え状態のガーデンステージへ移動。マリンから漏れ聞こえるBorn slippyと2016で初めてちゃんと見た花火。からの上原ひろみ×熊谷和徳がもう本当に素晴らしいステージ。

f:id:ysk_kt:20170109024037j:plain 

気候、規模感、足元の悪さ、音響、混み具合とかのいろいろな条件を合わせてとても完成度が高い完璧なパフォーマンスだった。あれを生で見れたのは幸せすぎる。

 f:id:ysk_kt:20170109024021j:plain

という感じのサマソニ2016でした。2017も楽しみ。以上で夏の振り返りはおしまいなので次は秋を。

*1:一曲目から出してきた!やっぱテンション上がるけどさ!でもそれは取っておけば良かったのに!

夏を振り返る(記憶づけフェスレポ・前編)

 

 

夏といえば夏フェス、ということで今更すぎるがレポートを書こうと思います。今年参戦したのは「フジロック1日目~3日目)」と「サマソニ 東京(1日目)」です。

 

フジロック1日目~3日目)

https://www.instagram.com/p/BHoxp1aBQVG/

夏の通知が届きました #fujirock 

 前夜祭はなしで、その代わり3日目の次に休みを入れて金土日月とスケジュールを開けておきました。振替休日で難なくフェス参戦ができる会社、最高である。総括として、これまで参加した音楽フェスは都市型のみだったので準備も含めてそれなりに大変だったのですが、聖地感とラインナップの豪華さがあってとても良かったです。

 

続きを読む

春も夏も秋も冬も好きです。

春が似合う明るく軽やかな人に、夏が似合うエネルギッシュで熱い人に、秋が似合う鮮やかだけども落ちついた人に、冬が似合うシンプルで強さがある人に。そういう人にあこがれて。

 

いまいち好きなものがはっきりとしておらず「自分はこんな人です!」と伝えるのがどうも苦手なので、語るかわりにこのブログにログを取って残しておきます。